LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

Oh ! No !!

建物が建築される前から、LABOTに外構のご相談をいただいているお客様は沢山いらっしゃるのですが、

 

 

建物の建築進捗状況を拝見していく中で、時々びっくりするようなことを発見してしまいます。

 

 

例えば・・・そろそろ基礎が出来上がって来ているころだと思い、現地調査に行った時のこと。

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - Oh ! No !! -

 

 

えーーーっ 側溝がボリボリに崩れてる・・・汗

 

 

恐らく既存の建物を解体された時にこうなってしまったであろう側溝。

 

 

きっと建物メーカーさんは 「これは外構工事でする範囲です」 って言われるんやろな・・・涙

 

 

でもこれって簡単な工事じゃなくて、外構工事で見積もったらお客様がビックリされるパターン。

 

 

この側溝ボリボリを改修する費用って最初の建物の資金計画の中の外構工事項目には入ってないやろな・・・。

 

 

な~んてことを思いながら、今日もコツコツ作業しています。

 

 

 

 

 

外構工事ってデザインだけじゃなく、土の中のことや補修工事も担っていく業種。

 

 

どうしても、「LABOTって外構をデザインするからきっと見積が高いんでしょ?」と思われがちですが、いやいや、そうじゃないんです。

 

 

そこに至るまでの土木や基礎の工事、補修や補強まで含んで外構金額になるので、

 

 

LABOTではそういった部分を正直にお客様にお伝えすることはきちんとお伝えしていくので、

 

 

もしかしたらお客様が建物メーカーさんから試算されている外構金額が、ご予算を超えることがあるかもしれません。

 

 

でもそれがホントの金額なんです。

 

 

外構計画に入っていない工事を聞かされていなくて、あとから請求された・・・ってお話、聞いたことがあります。

 

 

外構見積、なるべく安いところがいいとは思いますが安易に安いところで決めるのもなんだか考えものですよね。

 

 

もし、LABOTに相談してみようかな・・・って思われているお客様がいらっしゃいましたら、ご不安な点や疑問に思うこと、

 

 

どうぞお気軽になんでもお聞きください。

 

 

私達も出来るだけ分かる範囲でお答えしますし、お家が建ってからでないと金額が出ない部分があれば、

 

 

それは正直に事前にお話します。なので、どうぞ安心してお問い合わせくださいませ。

 

 

よろしくお願い致します♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介