LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

逆勾配の備え

宇治市のN様邸は急な坂の途中に建っています。

 

 

 

通常、ガレージのコンクリートの勾配は敷地内に水が溜まらないように

 

 

 

家側から道路に向かって傾斜をつけて仕上げるんだけど、

 

 

 

N様の敷地の一部分は道路より低くなってしまうとことろがあってね。

 

 

 

年に数回あるゲリラ雷雨とか大雨の時、坂の上の方からN様の敷地内に水が流れ込んでくるんじゃない??

 

 

 

って図面を見て最初に思ったの。

 

 

 

 アカンアカン、それはアカン。 

 

 

 

じゃぁ どうするのがN様にとって一番いいかな。

 

 

 

仕上がりのキレイさ、費用や工程・・・

 

 

 

外構工事の着工前に何度も職人さんと現地を見て考えて、

 

 

 

いくつかの案を出し合って、

 

 

 

結果、敷地内に溝をつくることにした。

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 逆勾配の備え -

 

 

 

こうやっておいたら、万が一敷地内に雨水が流れ込んできても受けられるね。

 

 

 

最後にグレーチングを設置して安全面もOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして坂道に合わせてここの勾配に合わせて作業してもらった

 

 

 

アプローチのピンコロ石。

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 逆勾配の備え -

 

 

 

うん、上手くおさまって良かったな。

 

 

 

あとね、このアプローチの先に計画したベンチもほぼ完成。

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 逆勾配の備え -

 

 

 

アプローチとベンチ???

 

 

 

うふっ♪ 

 

 

 

このゾーニング、N様がラボットを気に入ってくださったポイントの一つなの。

 

 

 

うふっ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、今週末はいよいよガレージのコンクリート打設工事。

 

 

 

そして来週には完工予定!

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 逆勾配の備え -

 

 

 

やっぱりN様邸って夕焼けが似合うな・・・

 

 

 

坂道に建つおうちって素敵だー♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介