LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

ブロックの基礎の「底盤」ってこうなってます

なかなか皆さんご覧になる機会がない、ブロックの基礎ってこんな感じです。

 

 

右京区で現在新築工事中の境界ブロック積工事の写真です。

京都 LABOT - lab-t.com - ブロックの基礎の「底盤」ってこうなってます -

 

 

まず、ブロックの基礎の底盤となる部分の土を掘って(掘削)、砕石などの下地を施した上に鉄筋を組んでいきます。

 

 

次に底の鉄筋と立ち上がりの鉄筋が離れないように、細い針金(結束線)をハッカーという専用の工具で結んで、

 

 

ブロックをどんどん積み上げていきます。

 

 

このブロック基礎の底盤工事作業は最終的に地中に埋まってしまう部分なので、お客様にお引渡しするときには

 

 

ガレージの下だったり、花壇の下だったりに隠れてしまいます。

 

 

でもこうやってブロックって積んでいくんや~って知ると、先日もblog記事にしましたが、

 

 

職人さんの技術って大事だなって思います。 重要な基礎となる工事、腕の善し悪しがあると困りものですもんね。

 

 

もちろん、このあと積んでいくブロックの縦・横に配筋がくる部分にはモルタルをしっかり流します。

 

 

 

 

 

今日は風がきついようですが、安全に注意しながら現在工事中の現場、どんどん工事を進めて参ります!

 

 

工事中のお客様、ご不便をおかけしていますがどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介