LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

「三つ又」と「チェーンブロック」

山科区で新築外構工事中のU様邸

 

 

 

土留めの石積みが一部分なかったんで、

 

 

 

古家の解体工事の時に残ってた石を使って復旧工事をしました。

 

 

 

↓着工前。 

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

おぉぉぉ~ 残ってる石、大っきいな・・・

 

 

 

これぜったい重いやつやん ← 当たり前です:笑

 

 

 

現場調査のときからこの石をどうやって新たに組んでいくかを造園職人さんと相談していて、

 

 

 

今回は重機を使わないで、「三つ又」と「チェーンブロック」を使って石を組んでいこうかってことに。

 

 

 

↓これ、これ。 これが「三つ又」と「チェーンブロック」。

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

これね、

 

 

 

現場内の短い距離を移動させるのに用いられる用具のことでね、

 

 

 

まず最初に石の下を掘ってロープを通して吊り上げたら

 

 

 

バンコウって呼ばれる木材の上に一回置いて

 

 

 

そこからチェーンを引っ張って吊り上げていくって言う、石を組む時によく使われる造園用具なんです。

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

よいしょっ  よいしょっ

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

そして作業すること二日・・・。

 

 

 

黙々と職人さんが組んでくださった石積復旧工事、

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

石の表とか裏とかを見ながら何度も何度も吊り下げたり降ろしたり。

 

 

 

一個一個、組み変えたり位置を入れ替えたりして、

 

 

 

やっと完成っ!

 

 

 

京都 LABOT - lab-t.com - 「三つ又」と「チェーンブロック」 -

 

 

 

ブロックやフェンスがついたら、復旧した場所が分からないくらい馴染んでるねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁさぁ、次は庭にデッキを施工する準備!

 

 

 

U様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介