LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

現場の状況からどれだけの情報を得るか

宇治市のご新築。

 

P1040261

 

外構工事のご相談は家が建つずっと前からいただいているので、ご相談当初はまだ家が立っていない状態。

 

 

なので、家の基礎が出来た段階、棟上げが終わった段階・・・など、何度も現場の進捗状況を確認しに行くのがLABOT流。

 

 

LABOTが100分の1で描くイメージプランと、工務店さんやハウスメーカーさんが実際の現場に反映出来るように進めてくれているか、、

 

 

何度も何度も現場へ足を運ぶことで確認しています。

 

 

この日も宇治市の現場へ行くこと4回目。

 

 

外構工事の着手は順調に行けば3月下旬。年明けには仕様決めをしていきたいところです。

 

 

そのために、今、工事がどう進んでいるか、現状から外構計画で修正していかないといけないことなど、

 

 

現場には情報がいっぱい。

 

 

図面を見て、現場を見て、先手先手でどれだけの情報を判断出来て、どこまでお客さまにその状況をお伝え出来るか。

 

 

このライブ感、色んな外構会社によって出来る出来ないがあります。

 

 

デザイン云々より、その前にこれって実はすっごい大切なことなんです。

 

 

一番最後の工事である外構工事で全て綺麗にまとめる。使いやすくする。不具合ないよう調整する。

 

 

LABOTの実力の見せ所かも(笑)・・・。

 

 

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介