LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

計画する上でのコンセプトって大事

今日も滋賀県の現場に行ったので、近江八幡にあるあの有名な菓子店へ。

 

IMG_0751

 

 

 

前々から気になっていたので(お菓子も気になるけど、建築物が気になってたからですよ(笑)!!!)

 

 

 

勉強のために行ってきました。

 

 

IMG_0753

 

平日の朝だと言うのに、大きな駐車場にはいっぱいの車。店内にも沢山の人が来て賑わっていました。

 

 

 

しっかりした経営理念を元にまだまだ建築は続くらしいのですが、

 

 

 

歴史あるお店でも、色んな新しい展開に果敢に取り組んでいて、

 

 

 

でも一貫してブレないコンセプトに、流行っている理由を見た感じがしました。

 

 

 

店舗やランドスケープを計画する時には当たり前の話ですが、これって一般住宅にも言えることなんですよね。

 

 

 

どの街に住むと、どんなライフスタイルになるのか。

 

 

 

その中でどんな生活をして、揃えるインテリアのテイストはどんな感じにするか。

 

 

 

・・・と、ここまでは沢山の方が想像出来るのではないでしょうか。

 

 

 

で、外構は・・・

 

 

 

と言われると意外にもピンとこない人が多いのが現実なんです。

 

 

 

家を建てる時と同じ気持のまま、そのまま、外構も想像してみてください。

 

 

 

ガレージにはどんな車があって、降りてから玄関に向かうアプローチにはどんな色の風景が似合うのかしら。

 

 

 

お庭のデッキで子供たちが遊んでる景色を、親である私達はどこから見てるか想像出来る?

 

 

 

リビングや玄関、意外と人の目が気になるスペースってない?

 

 

 

な~んて、考えれば楽しくて仕方ない。それだけ考えることが多いんですよね、外構も。

 

 

 

そうすると、家を考える時と同じように、外構にも自然とコンセプトが出来てくるもんなんです。

 

 

 

 

「子供の笑顔が見れる庭」

 

「坂の上に立つ、静かな雑木の家」

 

「朝陽を見る家」

 

「バーベキューが出来る庭と 趣味の庭と」

 

などなど・・・

 

 

 

 

楽しくないですか?(笑)

 

 

 

私は妄想大好きなんで、こんな風にお客様がこの家でどんな生活をするのか

 

 

 

何度も何度も考えながら図面を描いています。

 

 

 

なので、プランには必然的に時間がかかってしまうのですが・・・汗

 

 

 

とにかく、コンセプトがしっかりあるものには後悔がない。考えぬくって大事ですもんね。

 

 

 

なので、大切な家族が住まう場所に外構構想も入れてくださいね(笑)!!

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介