LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

ブログ

外構を相談するタイミング

P9150017

 

滋賀県草津市の現場です。まだ足場があるので、外構工事の出番はもう少し先ですが、

 

 

 

建物のプランを決める時と同時期に外構をご検討いただけていたので

 

 

 

建物の計画も外構の計画もスムーズで、後悔のない住まいが作れると喜んでいただいています。

 

 

 

 

 

 

どうしても建物の打合せで時間を使ってしまい、もうすぐ引き渡し!って言うタイミングで

 

 

 

慌てて外構を考えることになってしまう方が多いと思いますが、

 

 

 

本当は建物の計画の時に予算のこと含め、外構を一緒に考えていただくのがベストです。

 

 

 

駐車場の大きさや、雨に濡れないような工夫、日常の使い勝手や、コンセントの位置。

 

 

 

お隣との目隠しもどうしたもんか考えなきゃいけないし、アプローチに排水桝が出てくるが嫌だったり。

 

 

 

建物に含まれる計画の屋外水道は何箇所、どこにつけておいてもらうのがいいの?

 

 

 

自転車置場、どうする?

 

 

 

なんて、思いつくだけでも分からないことだらけ。

 

 

 

でもそうは言ってもなかなかそこまで時間が・・・ですよね。

 

 

分かります、そのお気持ち。

 

 

 

外構がなぜ大切なのか、そんなこと、誰も教えてくれないですもんね。

 

 

 

いやいや、本当はそこをもっともっと私達業界の人間が外構のことを知ってもらう努力をしなけば!!(笑)

 

 

 

 

 

 

でもご安心を。

 

 

 

どんなタイミングであれ、出来る限りのご提案とご協力をしていきます。

 

 

 

「うちも外構そろそろ考えた方がいいのかしら?」

 

 

 

って迷っていらっしゃるお客様、お話だけでも聞きにきてみてくださいね。

 

 

 

目からウロコの話、満載ですよ♪

 

 

 

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介