LABOT

LABOT::お問い合わせ・資料請求

施工例

ガーデン

思ひ出の庭

建て替えの現場へ行かせてもらうと、以前の坪庭にあったであろう、年輪を重ねた石や

 

燈篭が敷地の隅に置かれていることがよくあります。

 

実は誰よりも家の歴史や家族の成長を今まで見てきていて、住人も本当は代々大切にしてきたんだろうなと

 

ちょっとだけセンチメンタルになってしまいます。

 

エクステリアとは、造園や庭園、坪庭の歴史あってこその文化ですから、私たち外構に携わる者としては

 

そんな景石や燈篭などは尊敬に値するものなんです。

 

 

 

今回のお庭工事。

 

お爺様、お婆様、もしかしたらもっとご先祖様の時代から、このご家族の歴史を見守り続けた数々の宝物が

 

沢山ありました。

 

建て替えにあたり、間取りの問題から以前と同じ場所に戻ってもらうことが出来ない。

 

でも、処分したくない。

 

じゃぁ少し手を加えさせていただいて、またご家族の歴史の一つになってもらいましょう。

 

南側の日当たりのいい場所で、その偉大な歴史を私たち次世代に見せつけてもらいましょう。

 

うん、いい。

 

本当に立派な存在感です。

 

またここから何十年と新たな思い出を見守ってくださいね。と言う気持ちを込めて・・・。

 

 

※外構工事も一緒にさせていただきました。施工例はこちら

 

 

 

 

施工エリア

  • 京都市左京区

team(チーム)

関連タグ

  • LABOT::会社概要
  • LABOT::お問い合わせから完成までのプロセス
  • LABOT::スタッフ紹介